FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



山開き前の富士山に行ってきました(・∀・)
初めての富士登山です^^

富士山 登山

八王子に住む弟がイロイロ協力してくれて、吉田口in、須走口outで2ルート楽しめました。

コースタイム
4:00 吉田5合目~5:00 7合目付近~6:00 8合目~
7:00 本8合目~8:20 久須志神社~9:20 剣ヶ峰 9:50~
10:40 久須志神社 ~11:30 太陽館~12:50 須走口5合目

今年は気温が低く、山頂の雪解けも遅く、アイスバーンが結構残っていたようでした。山開きに向けて、各山小屋では登山道の雪かきに追われているそうです。


富士山 登山

スタート前に、吉田口0合目となる、北口本宮富士浅間神社に参拝してからのスタートとしました。
当初は1泊して0合目からと思っておりましたが、初めての富士山で残雪期ということもあり、とりあえず無理なく登頂できればと思って、日帰り5合目スタートとしました。

富士山 登山

5合目 登山口を出発してしばらくすると空が明るくなり、日の出を楽しむことができました。吉田口ルートを選んだのは弟のいる八王子から近かったというのもありますが、ルートのどこからでも日の出を楽しめるということからでした。

富士山 登山

果てしなく雲海が続いており、絶海の孤島のような雰囲気さえ漂います。

富士山 登山

8合目付近より登山道にもちらほら残雪が覆いかぶさります。剣ヶ峰までアイゼンをつけるほどでもありませんでした。

富士山 登山

合目の道標が見落としたのかよくわからず、現在位置をあまり把握できず高度を稼ぎます。もっぱら腕時計の高度計でざっくりな感じで登り続けました。

富士山 登山

上部に鳥居が見えましたが、雪渓を渡って左手より道が続いているようですが、簡単な岩登りで直登できそうだったので、ちょっとショートカットしました。このあたりからは風も強かったです。

富士山 登山

2級程の岩を楽しんだ後、鳥居横に抜け出ます。9合目あたりかなーと思っていたら、ほぼ頂上外輪のようでした。

富士山 登山

ほどなく頂上の久須志神社に。頂上までの間、下山者2名、追い抜いた登山者5名で、それ以外見当たりませんでした。

富士山 登山

緩やかなアップダウンを繰り返して、剣ヶ峰にちかづきます。

富士山 登山

頂上浅間大社奥宮に到着。富士宮口から登ってこられた登山者がちらほらいます。このころには風も穏やかになり、快適な状態でした。相変わらず分厚い雲海のため下界の展望はありません。

富士山 登山

いよいよ剣ヶ峰に向かいます。登山者もほとんどいないため、一組ずつ貸切のような感じで登っていきます。

富士山 登山

日本最高峰の富士山 剣ヶ峰3,776mです!ピークハンターではないですが、やはり富士山には一度は登っておきたいと思っていましたのでその感慨もひとしおです^^
人も少ないので、30分ほど日本で一番高いところでのんびりとした贅沢な時間を過ごしました^^

お鉢を巡るかどうするか悩みましたが、せっかくなので巡ることにしました。見渡したところ、誰も通っていないので、少々不安もありましたが、少々硬くなったバーンをトラバースするためここからアイゼンを付けて進むことに。

富士山 登山

山頂で取り出した行動食。破裂寸前なくらい、袋パンパンですw

富士山 登山

基本下り気味なので、スムーズに回ってこれましたが、剣ヶ峰直下から西安河原にショートカットする時、上からは気づかなかった亀裂があり、飛び越えるというちょっとイベントが。回り込むほどでもなかったです。

富士山 登山

のんびりお鉢を巡り、久須志神社に戻ってきました。ここから少し進んで、下山コースから降ります。下山コースは7合目まで続いています。ちょっとここの判断は良くなく、当初雪がゆるいところが続いていたので、つけていたアイゼンをはずして突っ込んでしまいました。

ところどころ出てくる氷化したところを、だましだまし進んでいましたが、ステップが刻みにくくなり、スリップしたら即滑落となる状況に。まずいと思い、トラバースして、すぐ横の岩場に移動しようと思いましたが、どんどん表面は固くなり、ついには一歩も踏み出せなくなりました。進退窮まりそうだったので、再びアイゼンを装着すべく、ストックの石突きでしっかりとステップを作り、徐々に広げてアイゼンが装着できるだけのバケツを掘りなんとかしのげました。アイゼンをつけたら、そんなに苦も無く順調に下ります。

アイゼンの必要性は氷化した部分が出てきている場面でちゃんと判断しなければなりませんでした。。また、雪渓を通るならば、ピッケルが無いとまずかったです。
※もっと春雪となっていると思っていたのが甘かった。

富士山 登山

その後、砂走りから快適な下山をと思っておりましたが、最近の大雨や台風などで砂礫が流されたようで全然、砂が走らず。場所によっては非常に悪く、岩盤の上に礫が乗っているだけのところだったり、不安定なガレ沢となっていました。ここはエスケープもままならず、非常に長くうんざりとした区間でした。。。

富士山 登山

やっとの思いで砂走り区間を抜け、砂払いに。ちょっとだけほっと一息。

富士山 登山

ここからは、樹林帯の緩やかな登山道となり、変化に富んだ須走口ルートを楽しみました。濃い霧のため、林もしっとり濡れて、いい雰囲気です。

富士山 登山

登山口に到着し、東富士山荘のおかみさんからお茶をもらって、弟が迎えに来てくれるまでちょっと休憩させてもらうことに。

今年は気温が低く、麓もガスが多いそうです。例年の山開き前と比べると極端に人が少ないそうです。雪の情報もあったりで、山頂の写真を見せたところ、山開きのときまでに奥宮の雪かきできるかなーと心配されてました。
店内でおみやげも買わせてもらいました。

梅雨の晴れ間を突いた形で、とても気持ちよく富士登山を楽しめました。今までは、そんなに登りたいと思っていた山ではなかったですが、登ってみてとてもよかったです。山開き後の混雑は経験したくないですが、また静かな時期に訪れたいと思います。


コメント
この記事へのコメント
お~富士山!
初登頂おめでとうございます。
いいなぁいいなぁ、人も少なくて良かったですね。

私もまだ登ったことなく、一度だけ登ってみたいので行こうと言っても「人多いからいやや」とつれなく、挙句「冬やったらええで」と鬼な相方に取りつく島もなく・・・
と思ってたのですが、山開き前だと連れてってくれるかも、と希望の光が見えてきました♪
ありがとうmurasuzume様様
2012/06/29(金) 21:55 | URL | えろぞー #4jYFsd9U[ 編集]
意外ですね。まだ登られていなかったんですね。

ただ、相方さんほどのお方であれば、当然ですよねー。
今年は雪が多かったため、山開き前に入っていた人も少なめとのことでした。
いい時期に登れるといいですね♪
2012/06/30(土) 21:23 | URL | murasuzume #JalddpaA[ 編集]
富士山っすね。
うらやましいです。

富士山、色々言われもしますが、私の中では別格です。
2012/07/12(木) 21:17 | URL | ファニイ #mQop/nM.[ 編集]
ファニィさん、富士山、やはり日本一ということで、他の山頂にはない独特の空気感がありますね!また登りたいです。
2012/07/22(日) 16:42 | URL | murasuzume #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kikkodo.blog56.fc2.com/tb.php/379-071ed657
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。