FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



9月に行った剱岳源治郎尾根の山行の時に、寝るときに寒くてアコンカグアジャケットを着たまま寝ていたんだけど、どうやらシュラフかなにかのチャックに引っ掛かって、思いっきり穴をあけてしまいました。普通のダウンならまだしも、山用のダウンだから生地がとっても薄い。。
その時の応急処置のままで手つかずだったのですが、今回思い切って自力で直してみました。

ダウンの修理

穴が開いたのは白いテーピング位置。1×2cm四方の穴。正規店での修理も考えたのですが、かなりコスト高となりそうなため、ためらっておりました。

ダウンの修理
防水補修シート

ダウンの修理

事故った時、テントの中でここから、白い羽がこれでもかと出てきてびっくりしました。そりゃもう凹みました。。

ダウンの修理

今回はここから指を突っ込んで、ダウンを穴の近くから遠ざけて、補修シートを適当な大きさにカットして突っ込みます。なかなかぴったりはまらないし(結局ずれたし・・)ダウンがまとわりついて、なかなか位置決めができませんでしたが、何とかおさまってアイロン行程へ。

ダウンの修理

アイロンをする前に、裾の目立たないところで2,3回リハーサル。ダウンの生地がおかしなことになっては目も当てられないので、慎重にしました。
当て布をして、20秒。補修シートのやり方通りでやってみます。ダウン生地が薄いので、ちょっと透けて見えますが、ばっちりうまくいきました!

ダウンの修理

遠目に見たらほとんどわかりません。近くだとちょっと目立つかもしれないですが。

これから冬のシーズン前にきっちり直ってよかったです^^




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kikkodo.blog56.fc2.com/tb.php/368-de5c5163
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。