FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



大山で疲労困憊した後、OUランドで汗を流して、講習会場へ向かいます。

この講習会は、山岳協会遭難対策委員会が企画し数回のシリーズで行ってます。
今回はレスキュー講習ということで、講師は協会加盟クラブのメンバーでリアル救急救命士さんなので、とてもリアリティがありながら、巧みな話術も交えて、山岳エリアでの救急法を学べました。

今回の主なテーマは固定、止血、心肺蘇生。

遭難対策委員会 レスキュー講習会

頸椎損傷の疑いがある場合、限りのある装備でどのように固定するか。試行錯誤の実技を交え、ポイントをアドバイスしてもらいながらより適切な状態を構築します。

遭難対策委員会 レスキュー講習会

技術書などにもいろいろ載っていたりしますが、それをコピーするのではなく、実際の状態と救急救命士さんからみたポイントが絡み合って、大変ためになります。何が優先順位高いのか。
担架を作ることくらいは良く見ますが、固定のポイントというのはなかなかこのような機会がないと吸収しにくいですね。

遭難対策委員会 レスキュー講習会

また、締めくくりは心肺蘇生の実技です。いろいろなポイントを押さえて何をしなければならないかが明確になりました。
知っているだけではなく、何が意味のある行動なのかが良くわかりました。予定をオーバーして4時間みっちり大変有意義な講習会となりました。

せっかくなので、知人にも広めることができればと思っております。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kikkodo.blog56.fc2.com/tb.php/354-9aee1f18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。