FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



大山山系の一つである船上山の断崖から糸を垂らす雌滝に行ってきました。
雄滝はずっと昔に会の先輩が登攀したと伺ったのですが、雌滝は意外にも登攀記録が
なく、90mの滝を登攀するということに、ビビりながらの同行でした(´・ω・`)

船上山雌滝登攀

その名のとおり一見すると、穏やかでやさしそうな姿とは全く異なり、下部は
傾斜がかなりきつく、岩が脆いため欲しいところでピトンが効かせ辛い。
中間でカムが非常に有効だが、ビレイする支点はかなり貧弱で心もとない。
また、傾斜が緩くなるセクションからは、さらに支点が取りにくく、手掛かりは乏しい。
ぬめりが滝全体を覆い、一見ホールドが多そうだが、決まらないため、気が休まらない。
ある程度詰めてしまうと敗退も厳しくなるため、ある程度の事態の想定をした装備があると安心。

ということで、全5ピッチ、やさしい滝の落ち口に到着した時の安堵感は格別。
前半3ピッチがかなり辛口で、後半2ピッチは程よい緊張感をもった快適シャワークライミング。

滝の落ち口に着いた瞬間、攻略された雌滝が泣くかのような激しい夕立に見舞われ、その後、
雨雲が通過すると強い日差しを遮る霧が立ち込め、幻想的な雰囲気に包まれました(・∀・)

各ピッチの詳細は、別途レポする(しないかも。。)



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kikkodo.blog56.fc2.com/tb.php/351-e2af61d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。