FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今回の山行はGWの計画の時から雪崩情報や他プランなどいろいろあって、準備が後手後手となってしまい反省も。。

計画では、中房温泉~燕岳~大天井岳~常念岳~蝶ヶ岳~大滝山~徳本峠を3泊4日でテン泊縦走。
北アルプス特選50コース登山案内(南部編)山と渓谷社/内田修の12.常念山脈縦走をトレースするというもの。

前日、岡山を出発し一路、中房温泉へのシャトルバスが出る穂高駐車場へ。ときどき渋滞もありつつも、徹夜で走って、始発バスの時間ぎりぎりで穂高駐車場に到着。準備していると、時間に回ってきたシャトルバスは我々の周りをぐるっと一周し、なぜか止まらず走り去って行った。。。一緒にいた人と走って穂高駅まで移動するというアクシデント(´・ω・`)

穂高駅の出発には間に合って、中房温泉に無事着いたが、どたばたの中、どうやらデジカメを車に忘れたらしく、見当たらない(´・ω・`)
駐車場に戻ろうか悩んだが、バス代と時間ももったいないため、泣く泣く出発。写真は、私用と仕事用の携帯を二つ駆使して何とか記録することに。。。そんな山行のスタートでした。

1日目:中房温泉6:30~合戦小屋9:30~燕山荘11:30

燕岳・大天井岳・常念岳・蝶ヶ岳 縦走

中房温泉では、たくさんの登山客が入山の準備をして賑わっていました。北アルプスの3大急登と言われる合戦尾根も序盤は快調に高度を上げる。第一ベンチを過ぎたころから残雪が出てきて、第二ベンチでアイゼンを付ける方が多数。残雪も多くなってきたので、第三ベンチからアイゼン装着。

燕岳・大天井岳・常念岳・蝶ヶ岳 縦走

ところが、急にしんどくなって、調子良ければ、大天井までということも考えていたが、合戦小屋までが途方もなく長く感じ、やっと辿り着いた合戦小屋前で大休止。今すぐにでもテント張りたいくらい。。といってもまだ9時半なので、さすがにそれは。。ということで、燕山荘をめざします(´・ω・`)あえぎながら燕山荘裏の最後の急登を登ってやっと到着。

燕岳・大天井岳・常念岳・蝶ヶ岳 縦走

燕山荘に到着後テン場へ移動し設営。早い到着であったため、場所は結構選べたのですが、1人なので小スペースでいいと気を利かせたところ、目測を誤り、自分のテントではやや狭く、入口がとても使いづらい・・・改めて移動する気力もなく、ブロックを切り出し防風壁を作って、一息ついてから、燕岳へピークハント。

燕岳・大天井岳・常念岳・蝶ヶ岳 縦走

稜線上は雪はあまりなく、アイゼン不要で快適に山頂に向かう。視界は黄砂の影響でかすんでいたり若干ガスが出ていましたが、槍穂高もよく見えました。明日から始まる長大な縦走路を見て気合い入れてテントに戻って食事の準備。思った以上に疲労がたまっているようで、食欲がわかない。また、夜は寝不足だった割になかなか寝付けず、眠りが浅い。いつもだったらシュラフの中では暑くて薄着になることが多いのに、一向に体が温まらず、どうも体調そのものがよくなさそう。。。

>>GW常念山脈縦走概要
>>1日目(中房温泉~燕岳)
>>2日目(燕山荘~大天井岳~常念小屋)
>>3日目(常念小屋~常念岳~蝶ヶ岳~長塀山~徳澤~上高地)



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kikkodo.blog56.fc2.com/tb.php/328-9bef263c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。