FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2月25日に大山で岳連講習会、26日は各会の各々の計画で登山を楽しむということで、週末参加してきました。

朝、大山南光河原に到着すると、とても天気が良い日でしたが、気温も高く、雪もグズグズでした。
しかしながら、明日はさらに気温が高く、天候も崩れるとの予報のため、予定通りの計画が実行できるか微妙な感じでした(´・ω・`)

岳連講習会
まず午前の部は座学。宿泊場所の米子工業小屋にて、各会の有識者より、雪山の危険、雪崩についての講義を受けます。なんとなく知っていること、よくわからないことなどじっくり説明してもらえました。

岳連講習会

昼食をとり、午後は元谷でビーコンや滑落停止、確保などの実地訓練の予定でした。が、元谷までの時間ももったいないので、金門近くの斜面で行うことにし、現場に向かいます。
すっかり緩みまくった雪に40名近くの参加者が列を作って進みます。中には、足を取られ、自ら先走って埋没したりして、出発直後に掘り起こしの救助活動がおこなわれたりしました(・∀・)

岳連講習会

現地では、ビーコンの操作や救助方法について、説明を受け、埋没体験も行われました。
埋没体験では、すっかり埋められた被験者へ、「大丈夫?息できてる?」とやさしく確認を行い、「大丈夫です」と答えが返ってきたら、「まだ声が出るから雪が足りん」と容赦ない盛雪増量。そのまま、プローブ体験も同時で行い、声の出なくなった埋没者にブスブスと容赦なくつつきまくり、公に他人を痛めつけられる状況にドSな参加者は笑顔と歓声が絶えない、楽しい講習となりました(・∀・)

岳連講習会
また、雪崩の座学に続き、弱層テストを行い皆で確認しました。2月とは思えないくらい、グズグズの雪の中でもさらに弱い層の確認をすることができました。その後は基本の確認など行い、小屋に戻ります。そのあとは、大宴会で大いに盛り上がりました。

僕たちパーティは予定では別山バットレス中央稜を計画してましたが、この陽気のなか、弥山尾根西稜~縦走に切り替え。明日に備えて早めに・・・とはいかず、夜更けまで大量の酒を浴び続けました。

翌日、午前中は天気は持つ予報。しかしながら、気持ち悪いくらい暖かい。3時ころ用を足しに外に出たときも生ぬるい空気とグズグズの雪。不安もありつつ、小屋を出発し、大神山神社に到着するころに、小雨が。他パーティとも様子を見たが、快適な登攀は望めないため、北壁の登攀は中止し、小屋に戻りました。

しばし、ぐずついた天気でしたが、のちに晴れ間をのぞかせ、山頂組、縦走組はそれぞれ計画を遂行。縦走路はさらに崩れていて、土が見えていたようです。山頂には大規模な雪洞が掘られ、アイスホテルのようだったと聞きました。一見の価値ありとのことです。

大山の北壁登攀や雪の縦走は、終わりを迎えているような感じです。大雪で、長いシーズンを期待してましたが、予想以上に高温が続いたため、快適な状態は、3週間程度で終わった感じです。少々さみしいですが、無理せず状況に合わせて山行を切り替えて行こうと思います。

参加者の皆さまお疲れさまでした。
また、準備・運営してくださった、役員スタッフの方本当にありがとうございました。
今回、お知り合いになった方々、今後ともよろしくお願いいたします(・∀・)



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kikkodo.blog56.fc2.com/tb.php/302-ad970a1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。