FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



日曜日から出張のため、急遽思い立って、大山の元谷へスノートレッキングに行ってきました(・∀・)

この日はACCOの仲間が弥山尾根、岳獅会の仲間が縦走、先日お世話になった土佐アルパインの方々が縦走~烏ヶ山と稜線上はとても賑やか。6合、7合からシュプールを描くスキー、スノーボーダー、シリセードで降りてくる登山者、雪山撮影のカメラマンと谷も負けじと賑やかでした。

大山スノーハイク

風もなく、天気も穏やかで、とても楽しいトレッキングでした。

10時頃大山に到着し、南光河原に行くが、満車。屋内駐車場を案内されることに(´・ω・`)

大山スノーハイク
雪の量にテンションupの嫁さん。

先々週より雪が軟らかくなって歩きにくくなっていましたが、それよりも本日の陽気で木々の落雪にビビりながら元谷を目指すことにストレス感じました。

大山スノーハイク
今にも落ちそうな雪塊。

大山スノーハイク
大量の雪をかぶっている大神山神社。

行きは治山道路を通らず沢筋に元谷を目指しました。
大山スノーハイク
元谷入口。

元谷に到着すると、上部はガスっていますが、気持ちの良い雪原が広がります。嫁さんも快適なスノートレッキングに満足気味。ノートレースの部分を無邪気に歩き回ります。

大山スノーハイク
ガスも晴れて、快適なトレッキング。別山も良く見えます(・∀・)

とりあえず、本日はACCOの仲間が弥山尾根を目指すということでしたので、見渡せる場所まで行こうと思い、元谷ケルン西側の雪原を目指します。

風もなく、穏やかな天候で、徐々に上部のガスも晴れていき、快適な天候の中、弥山尾根に取り付いているパーティを確認することができました

110205-115950.jpg
適当な場所で、キッチン一体型ダイニングセットを作って昼飯の準備をします。

大山スノーハイク
豪華ダイニングセット

登攀パーティだけでなく、ガスが晴れた美しい北壁と大山稜線の大パノラマを見渡しながら贅沢な昼食となりました。メニューは塩ラーメンとゆで卵でしたが^^;

大山スノーハイク
はACCOパーティ

大山スノーハイク
そのころのACCO登攀の様子と、は僕たち。(byACCO)

大山スノーハイク
お湯が沸くまで体を温めるために、何やら穴を掘りだす嫁さん。

大山スノーハイク
その頃、稜線に見えた、岳獅会のパーティ。

大山スノーハイク
その時の稜線の様子。剣が峰付近(by、岳獅会)

大山スノーハイク
はACCOパーティ

ひとしきり景色を堪能し、おなかが満足したところで、元谷ケルンまで足をのばします。

大山スノーハイク
半分埋まった元谷のケルン。はACCOパーティ

天狗沢のアイスも見え、登る機会があるかないかは考えることもなく、緩くなった雪原をスノーシューで快適に下山します。

帰りは元谷から治山道路を通りましたが、例年にない雪の量で長く続く緊張のトラバースを歩きにくいスノーシューでこなしながら、大山寺におります。

大山スノーハイク
緊張のトラバース中。

入山の時と同様、木々に積もった雪の落雪は音を立てていて発生していて、落ちてきませんようにと祈りながらの下山でした。

そろそろ北壁も楽しみたいと思いつつ、いつにないのんびりした山遊びにとても満足することができました(・∀・)




コメント
この記事へのコメント
何と、元谷で散策中のmurasuzumeさんご夫妻が写っていたとは。ビックリしました。(笑)
2011/02/06(日) 21:43 | URL | kingfisher #-[ 編集]
すごく楽しそうだ。
アウトドア雑誌の特集ページを見るみたいです。
うーらーまーやーしー。
2011/02/07(月) 06:41 | URL | ファニイ #DMrl2q2w[ 編集]
ばっちり見えていましたよー。
最高の天気の時に登られてうらやましい限りです^^
2011/02/09(水) 22:41 | URL | murasuzume #-[ 編集]
かなりネタ要素の高い記事ですが、とっても気持ち良かったです^^
天候に恵まれ、おきらくな冬山遊びにリフレッシュできました。
2011/02/09(水) 22:44 | URL | murasuzume #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kikkodo.blog56.fc2.com/tb.php/293-9222bb15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。